実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2020/10/07
スタッフの“疑問”が“不満”に変わる時



スタッフの職場に対する不満は、
あらゆる場面で発生する可能性があります。

採用面接、日常業務、人事評価、社内イベント…

例えば、

・採用面接の時
 ⇒ 何でこんなこと言われなきゃいけないの?

・日常業務をしている時
 ⇒ 今やっている仕事って意味あるのかな?

・人事評価の面談の時
 ⇒ 何でこんな評価になるの?

・社内イベントを開催する時
 ⇒ イベントの時間って給与はもらえるのかな?

など、個々の発生場面はいくらでも想定できます。


しかし、この時点ではまだ、
“疑問”の段階であり、
“不満”にはなりきっていません。


実際にスタッフが不満になるのは、

「何でこんなこと言われなきゃいけないの?」

「今やっている仕事って意味あるのかな?」

「何でこんな評価になるの?」

「イベントの時間って給与はもらえるのかな?」

という疑問に長い間答えずに
放置している場合です。


放置されたスタッフの”疑問”は、
いつの間にか、又は、ある日突然、

「面接でこんなこと聞かれるのはおかしい!」

「毎日こんな仕事していても意味がない!」

「この評価はちゃんと見てくれていない証拠だ!」

「社内イベントで給与が出ないなんておかしい!」

という”不満”に変わってしまう可能性があります。


そうならない様に、例えば、

・面接できわどい質問をする際は
 なぜその質問をするのかを伝える

・スタッフが担当する業務が
 自社の商品や事業にどう影響しているか
 を定期的に教育する

・評価の基準を明確にして公表し
 面接の頻度も増やす

・社内イベントの参加基準(強制?任意?)と
 給与の関係を共有する

など、できることはたくさんあります。


「スタッフが“不満”を抱く前に、”疑問”の段階で解消する」


手間がかかる事の様に思えますが、
不満を持たれてしまってから解消するよりも、
時間的にも精神的にも負担は少なくなります。


次の記事へ ▶▶

その他の記事一覧へ ▶▶


★職場の問題を根本解決するノウハウ
無料メルマガへ ▶▶

★主体的チームをつくる設計図を作成
限定セミナーへ ▶▶