【無料見積り】就業規則を自分で作成する方法と依頼時の費用
【無料見積り】就業規則を自分で作成する方法と依頼時の費用


●就業規則を自分で作成する方法

就業規則を自分で作成する場合、

-------
1.ひな型やサンプルを探し出す

2.自社に合った内容に変更する
-------

の手順で進めていけばOKです。


ひな型・サンプルはネット上にたくさんあります。


ただし、絶対に記載が必要な項目が
抜けているひな型もあるので、できるだけ、

「厚生労働省が公開している規定例」

を参考にされるのをお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<厚生労働省が公開している規定例>

■本則
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/model/index.html

■賃金規程
https://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/wage.html

■育児介護休業規程
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/000103533.html

■パートタイム労働者就業規則
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/AA10K-0000046152.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

厚生労働省の規定例であれば、
必要記載項目が漏れていることはまずありません。

また、「各項目ごとの注意点」が
記載されていることも多いので、

そうした補足内容も確認していけば
法律に反しない就業規則を作成できます。


尚、自分で作成される場合は、
項目ごとのポイントなどをまとめた
下記ページも参考にして頂ければと思います。

就業規則の項目ごとのポイントと注意点


●社労士に依頼する必要はある?

では、

わざわざ費用を払って
社労士に依頼するメリットは何か?

というと、

-------
・膨大な情報や作業に追われることなく、
 質問に答えていけば最適な規則が完成する

・ひな型や記載例のままでは不都合な部分や
 追加・削除したい部分を正しく検討できる

・いつ行われるか分からない法改正などの
 必要な情報が定期的に入手できる
-------

といったあたりになるかと思います。


●就業規則の依頼費用

就業規則作成の依頼費用は、

-------
・作成する規則・規程の種類は?

・新規作成か、一部変更か?

・届出まで依頼するか?

・実態の聞き取り方法や回数は?

・事業規模や従業員数は?
-------

など、

作業内容や成果物によって変わってきます。


●自分で作るか?依頼するか?

上記の通り、就業規則の作成は

「自分で作る」

「社労士に依頼する」

のどちらでも可能です。


後は、作成・変更を検討されている
規則や規程を実際に依頼した場合の費用を
含めてのご検討になるかと思いますので、

まずは下記フォームから
お気軽にお見積りのご依頼を頂けますと幸いです。


お見積りフォーム

事業所名(屋号) 必須
お名前 必須
メールアドレス 必須
ご検討中の規則の種類(複数選択可) 必須







作業区分 必須
   
監督署への届出の有無 必須
  
従業員数 必須





備考(現在の状況やご要望など)
※ご登録されたメールアドレスに誤りがあると、ご返信をお送りできません。
※ご登録から24時間経っても返信がない場合は、再度ご登録ください。




 
人事労務管理の実践
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ
やる気が出ない原因と対策
目標設定・達成の速習動画
月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方
withコロナ時代の経営戦略
中小企業の人事課題と対策
粗利率・労働分配率の計算
社員満足と売上拡大の両立

■人件費
人件費や法定福利費の計算
人件費の削減と適正化の違い
賞与の社会保険料の計算方法
残業代・残業単価・残業時間
残業代の計算や試算

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント
社員のやる気を引き出す方法
リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出
就業規則の項目ごとのポイント
有給休暇の付与日・日数など
テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方
人事評価制度の目的と注意点
人事評価制度のメリット・デメリット











 


 
お問合せ