人事評価制度のメリット・デメリット!評価から人事喚起制度へ
人事評価制度のメリット・デメリット!評価から人事喚起制度へ


人事評価制度は、

@職種等級別基準表

により、

職種・等級別に
期待(要求)することを
事前に整理しておき、

A評価シート

で、

一定期間における
個人ごとの頑張りを評価して、

B給与表・賞与表

に基づいて、

昇給(降給)や
賞与支払いを行うという

企業の期待に応える
個人個人の頑張りを

処遇に反映させる制度

です。


●人事評価制度導入のメリット

一般的には、

人事評価制度を導入することで、

ーーーーーーーーーー

・経営理念や事業目標が浸透する

・従業員の労働意欲が向上する

・従業員の成長が加速する

・従業員とのコミュニケーションが活性化する

ーーーーーーーーーー

とされています。


●人事評価制度導入のデメリット

一方、

人事評価制度導入のデメリットとしては、

ーーーーーーーーーー

・評価項目の設定が難しい…

・運用や管理に手間がかかる…

・従業員からの反発や不満が多い…

・評価項目以外は取り組もうとしない…

ーーーーーーーーーー

などがよく挙げられます。


特に中小企業においては、
時間・お金・マンパワーの面からも

人事評価制度に興味はあっても
導入までは踏み切れないということも
少なくないのではないでしょうか。


●評価を重視しない人事制度

当社では、
この評価制度のデメリットに着目して、

◆評価よりも従業員のやる気を促す項目設計

◆従業員主導で無理なく継続できる運用管理

◆従業員がワクワク取り組みたくなる仕掛け

という一般的な人事評価制度とは一線を画した

『人事喚起制度
  =従業員が自ら動きたくなるシステム』


としての人事制度の設計と導入を支援しています。


●評価制度か?喚起制度か?

人事喚起制度の設計法・運用法などは
一般公開していないため、

「人事評価制度が機能しなかった…」

「評価という言葉があまり好きじゃない…」

「業績と社員満足を両立させていきたい…」

という方は、

まず個別相談にお申し込みください。


貴社の現状をお聞きしながら、

人事評価制度と人事喚起制度の
どちらを導入した方が成果が期待できるか?

などについて

個別に診断させていただきます。




【 お申し込みフォーム(人事制度の個別相談) 】

●原則24時間以内にメールにて、日程調整に関する返信メールをお送りいたします。
●個別相談は、約30分のオンライン面談で行います。

事業所名(屋号) 必須
従業員数 必須
    
お名前 必須
区分 必須
   
メールアドレス 必須
ご希望の内容 必須

その他(任意)
ご質問などがあればご記載ください。

※ご登録から24時間経っても返信がない場合は、お手数ですが再度ご登録ください。



オンラインセミナー 2021
4月:給与体系設計講座
5月:経営理念策定講座
6月:ハラスメント対策講座
7月:人材活性実践講座
8月:脱ドンブリ経営実践講座
9月:脱ドンブリ経営実践講座
■受付中 残席2
10月:労務管理基礎講座






















ミニ講義
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ
やる気が出ない原因と対策
目標設定・達成の速習動画
月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方
withコロナ時代の経営戦略
粗利率・労働分配率の計算

■人件費
人件費や法定福利費の計算
人件費の削減と適正化の違い
賞与の社会保険料の計算方法
残業代・残業単価・残業時間
残業代の計算や試算

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント
社員のやる気を引き出す方法
リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出
就業規則の項目ごとのポイント
有給休暇の付与日・日数など
テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方
人事評価制度の目的と注意点