【要点整理】社員満足と売上アップは両立できる?課題とポイント
【要点整理】社員満足と売上アップは両立できる?課題とポイント

近年、コロナの影響もあり
働き方改革が急速に進んでいます。


働き方改革が
取り組み方次第では
社員満足向上に寄与する一方、

企業としては
売上を維持・拡大して
いかなければなりません。


そこで、

「いかに社員満足を高めながら
  売上アップを実現していくか?」

そのポイントについて
考えていきましょう。


●社員満足と売上アップの関係と課題

社員満足とは、

・企業理念やビジョン

・仕事内容や働きがい

・給与などの処遇や福利厚生

・社内の人間関係や職場環境

などから、

"社員が職場に対して抱いている
  総合的な感情"

のことです。


そして、

共感される理念をつくったり、

給与や賞与の額を増やしたり、

新しい福利厚生を導入したり、

することで、

社員満足の向上を図る企業も
少なくないでしょう。


しかし、

企業理念をいちから見直したり、

給与増額や福利厚生導入を実施したり、

していくことは、

多くの時間とお金が必要になります。


こうした現実から、

・社員満足を高める取り組みが
 なかなか進まない…

・社員満足向上に取り組むほど
 売上アップが遠のくのでは…

と悩む企業も多い様です。


●社員満足と売上アップを両立するポイント

社員満足を高めるということは、

社員の感情に着目していく

必要があります。


そこには、自社の
社員マネジメントの仕組みが
大きく影響してきます。


しかし、
 
一般的な人事評価制度では、
社員の感情に配慮できていない
ケースがよく見受けられ、
 
その結果、
 
評価制度導入企業の多くが、
制度導入後の評価・運用面において
労使関係の問題を抱えてしまいます。


社員のマネジメント面でも
もっと社員の感情の動きを考えて、

―――――――

1.社員の行動意欲の喚起 ←
     ↓                          ↑
2.社員の行動の増加 → 社員満足の向上
     ↓                          ↑
3.企業の売上アップ → → →

―――――――

といった社員満足の向上を
企業の成果への貢献行動に繋げる
仕組みをつくることが大切でしょう。


●経営サイドに必要な戦略意識

そして、

経営サイドとしては
事業存続・発展の責任者として

社員満足の向上をゴールにせず、

"社員満足向上を手段として
  売上アップを目指していく"

という戦略意識が欠かせません。


●まとめ

社員満足と売上アップの両立は
ポイントを押さえれば
実現が可能です。

そのポイントとは、

社員の感情を
企業の業績に貢献する行動へと
つなげていくマネジメントの仕組みが
あるかないか

です。


裏を返せば、

上記の様なマネジメントの仕組みが
なかったり、機能していなければ、

社員満足と売上は両立するどころか
両方同時に低下していく

可能性があることにも
注意が必要です。


いずれにしても、

労働力人口の減少が見込まれ
生産性向上の取り組みが急務となった今、

社員満足と売上アップの両立は、

「できるかどうかの前に
   目指して動き出すとき!」

なのではないでしょうか。



※一般的な人事評価制度のメリット・デメリットや
  人事制度の構築・改訂に関するご相談は
  以下の記事で簡単にまとめております。

 人事評価制度のメリット・デメリット


オンラインセミナー 2021
4月:給与体系設計講座
5月:経営理念策定講座
6月:ハラスメント対策講座
7月:人材活性実践講座
8月:脱ドンブリ経営実践講座
9月:脱ドンブリ経営実践講座
■受付中 残席2
10月:労務管理基礎講座






















ミニ講義
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ
やる気が出ない原因と対策
目標設定・達成の速習動画
月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方
withコロナ時代の経営戦略
粗利率・労働分配率の計算

■人件費
人件費や法定福利費の計算
人件費の削減と適正化の違い
賞与の社会保険料の計算方法
残業代・残業単価・残業時間
残業代の計算や試算

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント
社員のやる気を引き出す方法
リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出
就業規則の項目ごとのポイント
有給休暇の付与日・日数など
テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方
人事評価制度の目的と注意点