実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2021/03/10
人件費の削減は悪循環?削減と適正化の違い



「もう少し人件費を抑えられないものか…」

経営数字と向き合う機会の多い方であれば、
そう思われたこともあるのではないでしょうか。


結論としては、

「人件費を抑えられる可能性は高い」

ということになります。


これはもちろん、

------------
・一方的に従業員の給与を減らす…

・サービス残業をさせる…

・社会保険料を支払わない…
------------

などという話ではありません。


こうした方法では、
仮に一時的に人件費が抑えられたとしても

------------
・従業員の離職

・行政からの指導

・刑罰や罰金
------------

などのリスクが大きくなりますし、

人材もなかなか定着せず、かえって
従業員の採用や教育にかかる人件費が増えるなど、
悪循環に陥ってしまう可能性もあります。


考えるべきなのは、

人件費の削減ではなく人件費の適正化

です。


人件費の削減というと、
とにかく人件費を抑えるという結果に
意識がいきがちになりますが、

人件費の適正化は、
人件費の抑え方という過程にも
意識を向けていきます。


一言でいうと、

「人件費に関する正しい知識を身につけて
 必要なところはしっかりと人件費を払いながらも
 無駄な人件費を減らしていく」

ということを目指す取り組みです。


ちなみに、人件費適正化の取り組みとしては、

―――――――――――――――――――
人件費適正化の取り組みの例
―――――――――――――――――――
●残業管理の見直し

●採用や育成にかかる費用の効果検証

●社会保険料徴収の仕組みに関する知識の整理

●給与・昇給・賞与と業績との連動

●組織展望に即した給与体系の組み替え

●業務に即した雇用形態や雇用契約

●生産性向上に向けた改善
―――――――――――――――――――

などがあり、

いずれも1度しっかりと取り組めば
長期的に効果が期待できるものです。


それだけでなく、

残業管理の見直しや生産性向上の取り組みは、

『無駄な人件費を減らしながらも
 業績と従業員満足を両立する体制をつくる』

きっかけにもなり得ます。


ぜひ、

「もう少し人件費を抑えられないものか…」

とお悩みの方は、

闇雲に人件費削減に取り組む前に
適正化できそうなものがないか
確認してみてくださいね^^


PS.
やり方は何となく理解できたけど
もっと自社に当てはめて考えたいという方は、

/  
 1回30分〜!  
   短時間で課題解決を支援する
         「オンライン・スポット相談」


をご利用ください♪

オンライン・スポット相談へ ▶▶