実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2020/10/09
スタッフの不満の予防



スタッフの職場に対する不満は、

“完璧に対応する”

よりも

“そもそも発生させない”

にこしたことはありません。


では、スタッフの職場に対する不満を
そもそも発生させないということは、
可能でしょうか?


もちろん予想だにしない不満は起こり得ます。


しかし、

「予想できる不満は予防できる」

可能性があるのではないでしょうか。


予想できる不満とは、例えば、

・給与が低い

・休みが少ない

・残業が多い

といった不満です。


こうした不満の多くは、スタッフの、

「聞いていたことと違うじゃないか!」

という思いから端を発しています。


注意すべきは、

スタッフが聞いていたこと
≒経営者(又は担当者)が話したこと

である可能性が高いということです。


採用面接や定期面談の時に、

「うちは毎年の様に給与が上がっていくよ」

「同業他社に比べて休みが多いよ」

「残業はあっても月3時間位かな」

などと話した経験はないでしょうか?


もちろん、その内容が事実であったり、
今後も約束できることであれば問題ありません。

しかし、
仮に自社のことを良く思ってもらうためとはいえ、
その内容が嘘や守れない約束なら問題です。

それどころか、
少し内容を盛った程度でも危険があります。


経営者から話を聞くことで、スタッフは
それらが今後も守られるものだという
期待を持ち続けます。

そして、その期待の高さに比べて
事実の水準が低かった場合には、
その落差は不満に変わってしまうのです。


そこで、スタッフの不満を予防するためには、

『スタッフの期待をマネジメントする』

という視点が大切です。


目の前の好感度獲得だけに流されず、
適度な期待で良好な関係を維持し続けることも
少し意識していきましょう。


次の記事へ ▶▶

その他の記事一覧へ ▶▶


★職場の問題を根本解決するノウハウ
無料メルマガへ ▶▶

★主体的チームをつくる設計図を作成
限定セミナーへ ▶▶