実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2020/11/18
コーチングの実践



実際のコーチングは、主に、

1.空気づくり

2.気づきを与える質問

3.行動計画と確認方法の決定

4.振り返り

の順で行うと実践しやすくなります。


<1.空気づくりについて>

まずは、悩みや迷いを抱えるクライアントが
安心して本音で話せる様に、ルールの共有や
環境づくりをします。


<2.気づきを与える質問について>

クライアントが抱える悩みや迷いについて、
様々なスキルを活用しながら、

テーマを決めて現状や理想を整理したり
視野が広がる様な質問を投げかけていきます。


<3.行動計画と確認方法の決定について>

本人が課題解決に繋がる気づきを得られたら
具体的な行動の意思の確認や手順を決定し、
行動の実践を確認する時期・方法を決めます。


<4.振り返りについて>

実際に行動ができたかどうか、
行動が課題解決にどの様な影響があったか
などを一緒に振り返ります。


必要に応じて上記の4ステップを繰り返しながら
クライアントの課題解決や目標達成を
支援していきます。


また、コーチングでよく使う個別のスキルとしては、
「傾聴」「質問」「反映」などがあります。


「傾聴」は、

自分自身・相手・相手を含む全方位などに
意識の方向を変えたり集中したりしながら、
より注意深く、共感的に話を聴くスキルであり、

コーチは特に相手や相手を含む全方位
(空気感など)に意識を集中させて話を聴くことで、
クライアントを安心させます。


「質問」は、

相手からより多くのものを引き出すことを目的として、

大小様々な問や、時には無言の沈黙を通じて
クライアントの頭の中にあるものを整理したり、
漠然としているものを具体化したりして、

クライアントが新たな視点や意欲を持てる様な
きっかけを与えます。

質問の際は、「あなたは〜」という様に
できるだけクライアントを主語にすることで、
主体性を根付かせることも大切なポイントです。


「反映」は、

クライアントについて見えている情報を
鏡の様にそのまま伝えるスキルで、

クライアント自身も気づいていない感情や
潜在意識に気づく手助けとなります。

その他の記事一覧へ ▶▶