実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2020/11/22
ファシリテーターの役割



会議で重要な役割を担うファシリテーターですが、
その中で特に重要な役割は

・引き出すこと

・まとめること

の2つになります。


まず、

“引き出す”

ことについてですが、

これは会議のテーマや議題について
立場の異なる参加者から意見やアイデアを
どんどん発言してもらいます。

その際、良い意見だけを引き出すのではなく、
どんな意見でも引き出せるかということが
ポイントになります。


次に、

引き出したそれぞれの意見やアイデアについて

“まとめる”

ことも重要です。


まとめ方は、
会議の目的や議題によって変わってきますが、

会議の目的を達成できるような形で
様々な意見を集約したり対比したり
しながら整理していきます。


参加者の中には、テーマや議題に対して
認識をしっかりと持てていなかったり
誤って認識していたりということがあります。


そうした参加者の意見が出た際の軌道修正や、
会議の途中で、当初は想定していなかった
テーマについての議論が必要になった場合など
にもファシリテーターは、

“会議本来の目的を常に意識しながら
  会議をコントロールしていく“

ことが求められます。


また、ファシリテーターは、
ポジティブな意見だけではなく
ネガティブな意見も積極的に
引き出しましょう。

なせなら、特に職場の会議においては、
ネガティブな意見の中に改善のヒントや
ビジネスチャンスが眠っていたりするからです。

ファシリテーターはそのことをよく理解した上で
中立的な立場で会議をコントロールしていくこと
が求められます。


尚、ファシリテーターの役割は、
引き出してまとめるということにあるので、

ファシリテーター自身がそのテーマについて
専門的な知識や豊富な経験がないと
役割を果たせないかというとそうではありません。


知識や経験がなくても、参加者の知識や経験を
引き出してまとめることができるのであれば、
今すぐファシリテーターになれるのです。


必要なのは、
テーマに関する知識や経験よりも

引き出してまとめるスキル

です。


次の記事へ ▶▶

その他の記事一覧へ ▶▶


★職場の問題を根本解決するノウハウ
無料メルマガへ ▶▶

★主体的チームをつくる設計図を作成
限定セミナーへ ▶▶








オンラインセミナー
<4月開催>
〔給与体系設計〕 終了

<5月開催>
〔経営理念策定〕 終了

<6月開催>
〔ハラスメント対策〕 終了

<7月開催>
〔やる気を引き出す〕 終了

<8月開催>
〔脱ドンブリ経営実践〕 終了

<9月開催>
〔脱ドンブリ経営実践〕 終了













ミニ講義
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ

やる気が出ない原因と対策

目標設定・達成の速習動画

月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方

withコロナ時代の経営戦略

粗利率・労働分配率の計算

■人件費
人件費や法定福利費の計算

人件費の削減と適正化の違い

賞与の社会保険料の計算方法

残業代・残業単価・残業時間

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント

社員のやる気を引き出す方法

リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出

就業規則の項目ごとのポイント

有給休暇の付与日・日数など

テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方

人事評価制度の目的と注意点