実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2020/11/02
職場の問題が解決しない理由



あなたの職場は、
今どんな問題を抱えていますか?

業績、人材、資金繰り…

事業を運営していると、
次から次へと何らかの問題が発生してきます。


例えば、

・商品の不良やクレームが発生した

・採用や定着が不安定で人手が不足している

・従業員同士の会話がなく、もめごとが増えた

・社員の知識やスキルが一向に向上しない

・従業員のやる気を感じられない

・メンタル不調者が増加傾向だ

など、挙げだすときりがありません。


こうした職場の問題には、実は種類があります。


それは、

・解決策が決まっている問題

・解決策が決まっていない問題

です。


解決策が決まっている問題に対しては、
まずやるべきことは明白です。

自分や他人の経験や記憶、コンピュータなどから、
できるだけ早く“解決策を探し出すこと”です。


一方、解決策が決まっていない問題に対しては、
様々な情報を紐づけたり整理したりしながら
“解決策を創り出すこと”が必要になります。


多くの職場では、重要な職場の問題に対して、

・商品の不良  → ルールの強化

・スキルの向上 → 研修の実施

・やる気アップ → 人事評価の構築

など、まるで解決策が決まっているかの様に
「制度や管理の強化」による対応を試みます。


しかし、いざ様々な制度を導入してみても、

「ガチガチに縛られて、仕事がやりにくい…」

「研修の時間で別の仕事をできれば、
 もっと早く帰れるのに…」

「人事評価なんて興味がない。
 評価したければ勝手にすればいい…」

など、なかなかうまくいっていません。


なぜなら、こうした問題への取り組み方では、

『制度や管理を強化される側の
 従業員の内面や関係性』


の考慮が不足しているからです。


その他の記事一覧へ ▶▶