【ストーリー】「ビジョン実現型労務管理」とは?
【ストーリー】「ビジョン実現型労務管理」とは?
「プルルル、プルルル」

時刻は夕方18時過ぎ、

突然、事務所に電話が鳴り響く。

「もうだめかもしれません…」

電話の向こうから聞こえてくる第一声だ。

私はその日の業務を終えて
家路に着こうとしていた時だった。

そんな時、舞い込んできたのが、

「業績が悪化してどうにもならない…」

ある経営者からの救いを求める声。

当時の私は
コンサルティング事業を始めたばかりで
まだ体系的な知識やノウハウも持っておらず
素人に毛が生えた様な状態。

内心、「重たそうな内容だな…」と思いながらも
仕事かばんから手帳を取り出して日程を確認し、
翌日には顔を合わせて面談を実施、が…

社長の表情は暗い。

(「もうどうしようもない…」)

声に出さなくても社長の様子から見てとれる。

私はというと、助けを求められた手前、
とにかくなにかできることはないかと
会社の状態を事細かに聞き、

「なんとかできるはずです、
 一緒に打開策を考えていきましょう」

と励ますので精一杯だった。


― そして、1週間後の面談の日


とりあえずの打開策を考えてきたのは私だけ。

社長は何も考えていない。

いや…、社長は精神的な不安が強く
「考えるどころではなかった」といった方が
正しいかもしれない。

そういう私自身も、
初めてにしては重すぎるこの案件に
次第に焦りと不安が高まってきていた。

そんな重苦しい状況をなんとかしようと
むりやり絞り出した言葉と言えば、

「なぜ社長は
 この事業を始めようと思ったんですか?」

というあまりにもひねりのない一言だった。


― そして、さらに1ヵ月後


「ありがとうございます、
 なんとかなりそうな気がしてきました!」

・・・?

弱々しかった社長の声に活気が戻っている…!?

『何があったんだろう?』と思いながらも、
“不安が和らいだ社長の顔”が確かに目の前にある。

私は何とも言えない嬉しさがこみあげてきた。

『確かに社長は何かが変わった!』

『でも、なにが?なぜ?』


こうして、私のコンサルタントとしての挑戦と、
社長の新たな希望に伴走する日々が始まる。


この後、社長はどうやって業績を改善し、
現状を打開することができたのか?

また、

「現状を打開できた最大要因」

はどこにあったのか?


ー ビジョン実現型労務管理とは


私たちが開業時から支援している
『ビジョン実現型労務管理』には
唯一絶対の形や方法は存在しません。

夢や目標は人それぞれ。

あなた自身の「夢」や
あなたの職場の「目標」に連動して
少しずつその形ができていきます。


そして、

まずは「あなたの職場の悩み」について
じっくりお聞きすることが
全ての入口となります。

忙しく慌ただしい日常から少し距離を置いて
自分や自社の悩みや理想と向き合うことで
新しい物語が始まっていくかもしれません。

個別相談についてはこちら