実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2021/01/14
目標達成のための行動を継続するポイント



目標を達成できるかどうかは、
シンプルに言えば、

「行動の量と質」

で決まり、また最大のポイントは、

「行動を継続できるか」

にかかっています。


そして、無理なく行動を継続するためには、
その行動に対していかに

ワクワクして取り組める状態をつくれるか?

がカギとなります。


では、ワクワク行動できる状態を
どうやってつくっていくかということですが、

まず、行動自体がそもそも好きなことだったり、
楽しいと感じることであれば、そのままで
無理なく続けられると思います。

一方、問題なのは、
その行動自体が苦手なことであったり、
楽しいとは感じられないことである場合です。

こうした場合は、その行動についてもワクワクと
取り組めるような工夫が必要になってきます。


その工夫というのは、まず、

目標達成後の世界をリアルにイメージすること

です。


目標を達成した時の充実感や
自分に対する称賛などを
達成前からリアルにイメージしましょう。

さらに、試験合格、ダイエット成功、売上達成など
目標だけに焦点を当てるのではなく、

その目標を達成した後の、楽しく、ワクワクする
世界や未来まで具体的に書き出していきます。


そして、毎日見てイメージを膨らましましょう。


目標達成した後の世界がリアルにイメージでき、
それが魅力的であればあるほど、今目の前にある
目標達成に向けた行動の意味が変わってきます。


たとえ目の前の行動から楽しみを得られなくても、
一つ一つの行動が理想の人生や目標の達成へと
繋がっていくことを強く認識することができれば、

目の前の行動に前向きな意味付けができるように
なってくるのです。


また、「行動を始める前の習慣やルーティン」も
おすすめです。

デスクワークであれば、
お気に入りの音楽や飲み物、インテリアなど
自分の気持ちを高めてくれるものを把握して

目標に向けて取りたい行動と結びつけることで、
行動にスムーズに入りやすくなります。


さらに、「前向きな強制力」も活用しましょう。

これは自分が望む行動を継続できる様に、
自ら進んで監視の目をつけるという方法です。

例えば、

・毎日SNSで行動の実践報告をする

・月に1回は目標や行動計画を誰かに話す

などすることで、定期的に目標達成に向かう
マインドや行動姿勢を整えることができます。


また、自分が決めた行動をできた時は、
「思いきり自分を褒める」ようにしましょう。

今日1日の行動ができたことも、
一つの目標達成であり、その積み重ねの上に
大きな目標の達成があります。

日々の達成感をしっかりと味わうことも
行動を継続していくポイントです。


次の記事へ ▶▶


★人生が豊かになる思考法やノウハウ
無料メルマガへ ▶▶

★目標達成を引き寄せる設計図を作成
目標シート入手へ ▶▶








オンラインセミナー
<4月開催>
〔給与体系設計〕 終了

<5月開催>
〔経営理念策定〕 終了

<6月開催>
〔ハラスメント対策〕 終了

<7月開催>
〔やる気を引き出す〕 終了

<8月開催>
〔脱ドンブリ経営実践〕 終了

<9月開催>
〔脱ドンブリ経営実践〕 終了













ミニ講義
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ

やる気が出ない原因と対策

目標設定・達成の速習動画

月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方

withコロナ時代の経営戦略

粗利率・労働分配率の計算

■人件費
人件費や法定福利費の計算

人件費の削減と適正化の違い

賞与の社会保険料の計算方法

残業代・残業単価・残業時間

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント

社員のやる気を引き出す方法

リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出

就業規則の項目ごとのポイント

有給休暇の付与日・日数など

テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方

人事評価制度の目的と注意点