【ストーリー】社員のやる気を引き出すには?
【ストーリー】社員のやる気を引き出すには?
※こちらは「社員のやる気」に関するページです。
※「自分自身のやる気」が出ない時の対策は
  こちらの記事でまとめています↓↓
  やる気が出ない時に、やる気を出す方法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今から10年ぐらい前、
私は人生の岐路に立たされていた。

「リーダーを任されるか否か?」

という岐路だ。

当時の私は、
前職の社労士事務所に入社して5年が経った頃で、
一通り仕事もこなし意気揚々としていた時期。

そんな時、突然舞い込んできたのが、

「年内に100社からアンケートを取ってくる」

というプロジェクトのまとめ役だった。

上司から指示を受けたのが10月の頭で、
これから年末の給与計算やら年末調整やらで
正に繁忙期に突入する直前。

内心「きついなぁ…」と思いながらも、
すぐにプロジェクトのメンバーを集めて
上司からの指示を伝達する、が…

もちろんメンバーは全員ふさぎ顔。

(「この時期にそれはきついだろ…」)

声に出さなくても表情から見てとれる。

私自身はというと、直接指示された手前、

「やらないと仕方ないし、やろうよ」

と精一杯のつもりで励まして一旦解散。


― そして、1週間後の進捗確認会議


成果は自分でアンケートを取ってきた3社のみ。

他のメンバーは誰も動いていない。

落胆しながら絞り出した言葉は、

「もっとペースを上げてもらわないと困るよ、
 次回までに最低5件ずつはやっておいてね」

という一言だけだった。


― そして、さらに1週間後の進捗確認会議


「すみません、やる時間がありませんでした〜」

メンバー達からの同様の報告が次々と出てくる。

『ふざけるな!!』と内心では思いながらも、
メンバーのやる気を引き出せない自分に
苛立ちと焦りが増すばかりだった。

『このままではまずい…、まず過ぎる…』

こうして、自分自身の弱さ、
そして、メンバーのやる気と
向き合う日々が始まっていく。


この後どうやってメンバーのやる気を引き出し、
目標を実現させることができたのか?


オンラインセミナーでは、
こうした事例も交えながら、

「押しつけずにやる気を引き出す方法」

についてお伝えしています。

脱・強制型★人材活性実践講座について


この講座は即効性が高く、
売上や業績アップに繋がりやすいテーマなので
経営者・人事責任者の方には必見の内容です。