実践ノウハウ
実践ノウハウ
作成日:2020/10/13
自主性と主体性の違い



経営者の方の多くは、

「スタッフにもっと主体的に働いてもらいたい」

と感じられたことがあるのではないでしょうか。


一方で、「主体的」ということについて、
具体的なイメージを持たれていないことも多い様です。


みなさんにとって
「スタッフが主体的に働いている状態」とは、
どんな状態をイメージされているでしょうか。


例えば、

「@こちらが言う前に、率先してやってよ!」

という感じでしょうか?それとも、

「Aもっと自分で考えてやってよ!」

という感じでしょうか?


しかし、

@は「やるべきこと」が決まっていますが、

Aは「やるべきこと」が決まっていません。


一般的に、

・@「やるべきこと」が決まっている状態で、
  こちらが言う前に率先してやること
  =自主性

・A「やるべきこと」が決まっていない状態で、
  自分で考えて責任を持って行動すること
  =主体性

と別の言葉で表現する様に、
@とAは似て非なるものです。


誤解を恐れずに言うと、ポイントは、

“自分の頭で物事を考えるか、考えないか”

です。


もちろん、
全てにおいて主体性がよくて
自主性ではだめという訳ではありません。


明確にやるべきことが決まっていることを
率先してやってくれることこそ望ましい、
という職種や業務もあるはずです。


一方、

やり方はいくらでもあるから、
その場の状況を把握しながら
自分で考えて責任を持って行動することが必要、
という職種や業務もあります。


自主性と主体性は
場面に応じてどちらも必要であり、
使い分けが可能です。

そして、スタッフが
自主性や主体性を発揮できるかどうかは、
経営者側の指示の仕方も関係しています。


“自主性を発揮させる指示の仕方と、
 主体性を発揮させる指示の仕方の違いは?”


また、みなさんが望まれているのは、


“スタッフの自主的な働き方なのか?
 それとも主体的な働き方なのか?”


改めて”主体的に”考えてみてくださいね。


次の記事へ ▶▶

その他の記事一覧へ ▶▶


★職場の問題を根本解決するノウハウ
無料メルマガへ ▶▶








 


人事労務管理の実践
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ
やる気が出ない原因と対策
目標設定・達成の速習動画
月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方
withコロナ時代の経営戦略
中小企業の人事課題と対策
粗利率・労働分配率の計算
社員満足と売上拡大の両立
DXの意義や推進の方法

■人件費
人件費や法定福利費の計算
人件費の削減と適正化の違い
賞与の社会保険料の計算方法
残業代・残業単価・残業時間
残業代の計算や試算

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント
社員のやる気を引き出す方法
リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出
就業規則の項目ごとのポイント
有給休暇の付与日・日数など
テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方
人事評価制度の目的と注意点
人事評価制度のメリット・デメリット