作成日:2023/08/31
企業のリスクマネジメントと社労士の役割



現代のビジネス環境は、急速な変化と複雑なリスクに満ちています。企業が成功を続けるためには、これらのリスクを最小限に抑え、適切な対策を講じることが不可欠です。ここで、企業のリスクマネジメントと社労士の役割について考えてみましょう。

【リスクマネジメントの重要性】

リスクマネジメントは、企業が直面する様々なリスクを特定し、評価し、最適な対策を講じるプロセスです。経営者にとって、リスクを適切にコントロールすることは、事業継続性と成長のために欠かせません。経済の変動、競争の激化、法的規制の変更など、多岐にわたるリスクに対処するための戦略が求められています。

【社労士の役割とリスクマネジメント】

社労士は、人事労務や労働法に関する専門家として知られていますが、その役割はリスクマネジメントにも深く関わっています。企業内部で起こる人事労務の問題や労働トラブルは、経営に大きな影響を及ぼす可能性があります。社労士は、法的規制・労働契約の遵守や良好な労使関係を確保することで、法的なリスクを最小限に抑える役割を果たします。

【労務管理の重要性】

労務管理は、社員の健康と幸福を保ちながら、生産性を向上させるための戦略的なアプローチです。社労士は、労働環境の整備や職場ストレスの軽減、適切な人事政策などを通じて、組織全体のリスクを軽減し、生産性を向上させるお手伝いをします。

【法的コンプライアンスの確保】

企業が法的なリスクにさらされないようにするためには、法的コンプライアンスの確保が重要です。社労士は、労働法や労働基準法などの法的要件を遵守するためのアドバイスや対策を提供します。これにより、法的なトラブルを未然に防ぎ、企業の信頼性を高める役割を果たします。

【リスクマネジメントと組織文化の結びつき】

効果的なリスクマネジメントは、組織文化とも密接に結びついています。従業員がリスクに対して適切な意識を持ち、協力して対策を講じる文化が育まれることで、リスクの最小化が可能となります。社労士は、組織のリーダーシップやコミュニケーションを通じて、リスク意識の醸成をサポートします。

【まとめ】

企業のリスクマネジメントは、経営の成功に欠かせない要素です。社労士は、労務管理や法的コンプライアンスの面でリスクを最小限に抑え、組織全体の健全な成長をサポートする重要な存在です。企業が持続的な成功を達成するためには、リスクマネジメントと社労士の専門知識を活用することが欠かせません。

ビジクリ・コーチングの詳細はこちらから










 

現状から理想の状況へ
着実に変えていきたい方向け
↓ 思考整理をお手伝いします ↓




人事労務管理の実践
■目標設定・目標達成
目標の立て方のコツ
やる気が出ない原因と対策
目標設定・達成の速習動画
月イチ戦略会議の導入と実践

■経営全般
事業計画の立て方・書き方
withコロナ時代の経営戦略
中小企業の人事課題と対策
予防労務(予防人事)の実践
粗利率・労働分配率の計算
社員満足と売上拡大の両立
DXの意義や推進の方法

■人件費
人件費や法定福利費の計算
人件費の削減と適正化の違い
賞与の社会保険料の計算方法
残業代・残業単価・残業時間
残業代の計算や試算

■人材育成・人材活性
人材育成の目的/方法/ポイント
社員のやる気を引き出す方法
リーダーシップの発揮と習得

■就業規則
就業規則の作成・変更と届出
就業規則の項目ごとのポイント
有給休暇の付与日・日数など
テレワークのメリット・デメリット

■人事制度
3ステップ!人事評価制度の作り方
人事評価制度の目的と注意点
人事評価制度のメリット・デメリット

7日間メール講座